足を触る女性

チューセメント

笑顔の看護師

脂肪吸引の施術にはさまざまなものがありますが、そのほとんどには「チューセメント」と呼ばれる薬剤が使用されています。この「チューセメント」とは、1980年代後半のアメリカで開発されたものです。
「チューセメント」という言葉には、「ふやかす」という意味があります。その意味の通り、チューセメントには皮下脂肪をやわらかくふやけさせ、吸引しやすくする働きをもっています。チューセメントには、エピネフリンと呼ばれる止血剤、リドカインと呼ばれる麻酔作用のある薬剤を生理食塩水で薄めた薬剤が使用されます。

この生理食塩水で薄められた溶解液を直接皮下脂肪に注射して、脂肪をふやけさせていきます。
このチューセメント法が開発されてからは、今までの脂肪吸引のスタイルが大きく変わりました。
チューセメント液を使えば、脂肪を吸引する際に行う必要があった輸血や止血などの手間を省けるようになったからです。このチューセメント法は現在行われている脂肪吸引の手術の基礎となっているのです。そんなチューセメント法は、他の脂肪吸引の手術の発展に伴い、チューセメント法のみを単独で取り扱っているクリニックは減少傾向にあるといえます。

チューセメント法の手術費用は開きがかなり大きく、選びようによっては費用をかなりリーズナブルにすることができます。一例をあげると、太もも全体に施術を行うとして30万円から100万円ほど、お腹全体だと20万円から120万円前後という費用相場になっています。